Chat GPTのデメリットと対応策 - AIを活用するEC事業者のためのガイド

2023-06-28

はじめに

みなさんこんにちは!ECタイムズのみなつです。

みなさん、Chat GPTが世間を騒がせていますね。

ニュースによれば、AIによって、多くの仕事がなくなったりするとかしないとか。

AIは、今後は切っても切り離せない技術になりそうです。

自分の作業を軽減できるスキルが無料で使えるのであれば、使わない手はないですよね。

Chat GPTはAIの応用技術の一つで、EC事業者が顧客との対話やサポートに活用することができるんですよ。

もちろん便利なツールを使う前には、メリットを理解するのはもちろんですが、デメリットや注意点、危険性を理解し、適切な対応策を講じることが重要です。

本記事では、Chat GPTのデメリットについて分かりやすく解説し、EC事業者が安全かつ効果的に活用するための対策をご紹介します。

偏った情報や誤った回答のリスク

そもそも、Chat GPTは大量のデータから学習し、人間のような回答を生成することができます。

リスクとして情報が偏ったり、誤った回答を提供する可能性があるということを認識する必要があるでしょう。

全てが正しいとはいいきれません。

これは、学習データに偏りや誤りがあった場合や、文章を正確に把握できなかった場合に起こります。

対策としては、以下のやり方があるので、解説していきましょう。

  • クオリティコントロール
  • 監視とフィードバックループ

対応策①:クオリティコントロール

Chat GPTのトレーニングデータには注意が必要です。

高品質でバランスの取れたデータセットを使用し、適切な文章でのインプットをおこないます。

データセット自体が、他の媒体や有償のコンテンツの場合には、著作権侵害になる恐れがあります。

正確性が高く、かつ著作権侵害のないデータセットを使用するようにしましょう。

対応策②: 監視と継続的なモニタリング

運用中にChat GPTの回答を監視し、誤った情報や回答が出た場合には修正やフィードバックを行います。

誤った情報が出る前提でチェック機能を用意する必要があります。

例えば、物産などの金額が間違っていた時、住所などが間違っていたときに修正をする必要があります。

継続的なモニタリングの仕組みを組織として準備していきましょう。

メルマガ会員募集中!

悪意ある利用やセキュリティ上のリスク

Chat GPTは、利用者が与えた情報や入力に基づいて回答を生成します。

しかし、これにより悪意ある利用やセキュリティ上のリスクが発生する可能性もあります。例えば、個人情報の漏洩や悪質な行為への利用などが挙げられます。

対策は以下の3つです。丁寧に解説します。

  • データの保護とセキュリティ対策
  • 利用ポリシーの策定
  • ユーザーコントロールの提供

対応策①: データの保護とセキュリティ対策

クライアント情報や個人情報をChat GPTとのやり取りで適切に保護するために、適切なセキュリティ対策を講じましょう。

暗号化やアクセス制御などのセキュリティ手段を適用します。

大きな組織には必ず、セキュリティを管理する組織があります。

セキュリティ管理する部署から、暗号化やアクセス制御などのセキュリティ手段を確認していきましょう。

対応策②: 利用ポリシーの策定

Chat GPTの利用に関する明確なポリシーを策定し、社内や利用者に周知徹底しましょう。これには適切な利用範囲や禁止事項、プライバシーポリシーなどが含まれます。

例えば、社内で管理している顧客の名前や売上実績など、顧客データを入力してはいけません。

学習されたデータは、他のユーザーにも使われる可能性もあり、顧客情報の漏洩につながる可能性があるからです。

ChatGPTの利用ルールを決めて、顧客情報の漏洩などのリスクを抑える必要があります。

対応策③:ユーザーコントロールの提供

利用者がChat GPTとのやり取りにおいて自身の情報の管理や設定を行えるような仕組みを提供しましょう。

ユーザーコントロールができるようシステム部門が調整する必要があります。

例えば、個人情報の削除やデータの収集を制限するオプションを提供することが有効です。

ChatGPTのリスクを分かったうえで、システムやルールを構築していきましょう。

ダウンロードはこちら

ユーザーエクスペリエンスの向上と教育

Chat GPTの利用は、EC事業者の顧客エクスペリエンスの向上に貢献できますが、デメリットもあることを理解する必要があります。

以下の対応策があります。

・フィードバックと報告管理

・利用者教育と期待管理

対応策①:フィードバックと報告管理

利用者がChat GPTとの対話中に問題や不満が生じた場合に、評価やコメントをするフィードバックチャネルや報告する仕組みやスタッフが対応する専用ラインを提供しましょう。

人間の機微に触れる内容は、AIでは認識が難しく、トラブルになることもあるからです。

例えば、利用者が感情的になってしまい、Chat GPTでは解決できなかったときは、スタッフのチャットなど、直接連絡できるラインを常に確保することで、顧客の満足度を下げることなく、対応できます。

これにより、問題解決やサポートへの円滑な移行ができます。

対応策②: 利用者教育と期待管理

 Chat GPTの制約や限界を利用者に理解してもらうために、適切な教育や情報提供を行いましょう。

定期的な教育をすることで、ChatGPTにおけるITリテラシーが高まり、健全な利用方法ができるようになります。

テクノロジーは、進化を続けますので、要所要所でのトレーニングをすることで、問題点やリスクを把握しながら、AIを使用できます。

進化するテクノロジーを利用することで、単純作業から開放され、より価値の高い業務に時間をかけられます。

Chat GPTがAIであることや限定された能力があることを明示し、現実的な期待を持って利用してもらいます。

ダウンロードはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Chat GPTはEC事業者にとって有用なツールでありながら、デメリットや注意点も存在することがわかりました。

専門家などからデータの品質管理、セキュリティ対策、利用ポリシーの策定、ユーザーエクスペリエンスの向上と教育などの対応策を講じることが重要ですね。

EC事業者はChat GPTを効果的かつ安全に活用するために、継続的なモニタリングや改善を行いながら、利用者とのコミュニケーションをおこなっていくことも考えましょう。

スムーズなコミュニケーションができれば、スタッフの作業時間も減らすことができますね。

もちろん、人の機微が必要な対応は、人ができるように常にラインを確保する必要がありますね。

ChatGPTを使って何かしたい!具体的なアドバイスが欲しいと思うかたも多いはず。

そんなあなたに、「ECのプロ」がみなさんのChat GPTの運用をお手伝いさせていただきます!

Chat GPT運用に詳しいプロのご紹介ももちろん可能です!プロの意見を聞いてみたい方は、是非こちらのフォームから無料相談をお申し込みください!

ECのご相談はこちら

記事で紹介されているプロとのご面談や、より詳細なノウハウのご共有、ECのプロのサービス説明を
ご希望の方は、下記よりご連絡ください。担当者より1営業日以内にご返信差し上げます。

セミナーのお申し込みはこちら

満員御礼 本セミナーは終了しました

この記事をシェアしよう

よく聞くUGCとは?ECサイトにUGCを取り入れることで期待できるメリットや事例

6/12/2024

おちゃのこネットとは?特徴や料金プラン、メリット・デメリットを解説

5/30/2024

【越境EC】Shopeeとは?特徴やメリット・デメリットを解説

5/23/2024

【録画配信】 プロが語る!EC売上アップのための公式LINE完全攻略【基礎編&実践編】

8/6/2024

【録画配信】EC事業で年商10億円以上を目指す! 3大モール攻略法

8/1/2024

~売れるECへの打ち手がわかる~商品のファンを増やす マーケティング成功の極意

7/30/2024