【2023年最新版】Amazon SEOの仕組み~上位表示を狙うための本当は教えたくない極意〜

2023-08-14

【最新版】Amazon SEOの仕組み~上位表示を狙うための本当は教えたくない極意

「Amazonで売上が上がらない!!」こんなお悩みをお持ちの事業者さまは多いのではないでしょうか?

Amazonの売上UPのためには、検索画面でいかに上位表示をさせるか、という点がポイントになってきます。

今回は、最新のAmazon SEOの仕組みを基礎から紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

初心者から分かる「Amazon SEO」の基本解説

Amazon SEOとはAmazonの検索エンジンで上位表示を狙う手法です。

AmazonSEOを 検索結果画面から見る

amazon検索結果画面

Amazonの検索結果画面を見ると、上位からAmazonスポンサーブランド広告→Amazonスポンサープロダクト広告→自然検索枠となっています。

統計的に、商品ページの1ページ目で顧客は閲覧をやめてしまうため、Amazon SEOでは広告を活用することがポイントになってきます。

Amazon SEOに影響を与える4つのコト

Amazonでの表示順位に影響を与える要素として、以下の4つがあります。

要素①スマートフォンでの閲覧に最適化しているか

スマホ需要の高さもあり、スマホで見やすいというのは大変重要なポイントです。

PCだけで商品管理していると、スマホで見るユーザーに不親切な商品ページになってしまうおそれがあります。

また、スマホに最適化している商品設計はショッピングカートへの導入が見込めます。

自店舗の商品がスマホで見やすい設計にするのも良いでしょう。

要素② FBAを利用しているか

Amazon SEOに影響を与える要因としてFBAを利用することが挙げられます。

FBAとは(フルフィルメント by Amazon)の略称で、商品の保管から商品の梱包、発送をAmazonに委託できるサービスです。

FBAを利用することでAmazonプライム商品として扱われ、Amazonの信頼性や発送の早さなどから商品が売れやすくなります。

Amazonのセラーは、FBAを利用している場合が多いのでFBAを活用しない事自体がSEOに影響を与えていると考えましょう。

要素③カスタマーレビューとショップレビューの中身

カスタマーレビューは購入者の方の直接的で参考になる感想です。

以前はAmazon SEOに与える影響が大きいとされていましたが、最近はやらせのレビューが多くなってきています。

このことから、レビューを投稿してもらうことで上位表示できるという影響に対して厳しい対応が行われています。

要素④Amazon広告の活用

Amazon広告はSEOに直接関係してきませんが、出品初期は実績も少ないため検索エンジン上位を目指すのは困難です。

Amazon広告を使用することによって上位に表示されるため、初期段階ではAmazon広告を活用するのも効果的な方法でしょう。

Amazon広告とは?

Amazonは、膨大なデータを持っていることと利用者が多いことから広告の影響が強いことが強みで、動画広告や検索広告など広告形態も多岐に渡ります。

Amazonスポンサーブランド広告

Amazonスポンサーブランド広告は、SB広告と呼ばれています。

SB広告は、Amazonスポンサープロダクト広告より上位に表示されているため宣伝効果が期待できます。

Amazonスポンサープロダクト広告

Amazonスポンサープロダクト広告とは、Amazonスポンサーブランド広告の次に表示される広告で、SP広告とも呼ばれています。

商品に対しての情報量が多く表示される為、販売促進効果が期待できます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告

Amazonスポンサーディスプレイ広告は、顧客の興味や関心を過去のデータからターゲティングするディスプレイ広告です。

過去の購入履歴や検索履歴から、顧客の購入度の高い商品を広告として表示します。

さらに、商品ページを検索したが購入することはなかった顧客に対しても訴求できるリマーケティングやリターゲティングがこの広告形態です。

Amazon広告の種類

Amazon検索のロジックを知る

Amazon SEO対策をするときにAmazonの検索ロジックを知ることが重要になってきます。

ここではAmazonの検索ロジックについて説明していきます。

Amazon検索ロジックのポイント

ポイントとしては、出品した商品がどんな検索キーワードで検索されるのかを知ることが重要です。

検索キーワードを設定するときも、AmazonサジェストやAmazon広告の検索キーワードから設定しましょう。

Amazon検索ロジックの対策フロー

検索ロジックの対策フローは売上アップが主軸となって構成されていきます。

AmazonのSEOにおける影響として、一定期間の注文件数が大きな割合を占めてきます。

商品を掲載したあとAmazonでの広告を用いて商品インプレッションを上げたり、商品の注文件数を増やす計画を立てることがポイントです。

Amazon×楽天 ホワイトペーパーダウンロードはこちら

Amazon SEOで上位表示されるには?

Amazon SEOで上位に表示される方法は、以下の6つの方法があります。

在庫切れの解消・ 在庫保持率

在庫切れは、検索結果に出てこないロジックとなっています。

つまり、今まで検索ランキング上位を維持していた商品も検索結果から除外されてしまいます。

在庫切れをなくするために入荷日を設定して商品を表示させることも可能ではありますが、ユーザーに取っては親切ではないため注文率が低下してしまうので注意が必要です。

FBAの利用

Amazonで上位表示されるためには商品を出荷する際にFBA出荷を利用しましょう。

FBA出荷を選ぶとAmazonから出荷される為、当日もしくは翌日に発送されます。

購入者が商品を選んでから商品を受け取るまでが早いので、コンバージョン率が高くなります。

商品ページテキストと検索キーワードフィールドを見て、関連性の高いキーワードを設定する

商品を上位表示させるために、検索キーワードを商品ページに盛り込むことが重要になってきます。

ここで、重要になってくるキーワードは商品タイトルや商品説明、検索キーワードフィールドです。

ユーザーが実際に検索しているキーワードというのは需要の高いキーワードです。

優先度の高いキーワードを選定する事で、上位表示されるときに重要なポイントになります。

商品の直近売上

売上を上げることはAmazon SEOにおいて重要なポイントになってきます。

商品の売上はA9(A10)というAmazon検索エンジンへ大きな影響があります。

直近の売上とは、どの程度の期間なのかは明確にされていませんが、およそ一週間から二週間程度と考えましょう。

コンバージョン率(ユニットセッション率)

上位表示されるためには、ユニットセッション率が大事になってきます。

ユニットセッション率とは、出品者の商品ページを見て購入した人の割合のことを指します。

商品価格

商品価格戦略として、今までは上位表示させるために商品の値段を通常価格より下げて、上位に表示された時点で通常価格に戻すという戦略が取られてきました。

現在は、価格の変化によって商品カートに入っていたものは解除になってしまいAmazonからの評価に影響が出てしまいます。

注文件数を増やす

注文数を増加させることで、間接的にAmazon SEOで上位を狙うことができます。

そのための2つの方法を紹介します。

① 商品画像の最適化を行う

商品画像で差別化をはかることによって商品の売上向上に繋げることができます。

差別化をはかるために同商品や類似商品を出しているセラーを参考にして、商品画像を作成してみましょう。

②商品紹介コンテンツを作成する

商品ページをスクロールしていくと商品紹介コンテンツがあります。

商品紹介コンテンツは、準備された画像とテキストから組み合わせて商品紹介を作成し、商品紹介で差別化をはかることができます。

キーワードの選定と分析方法

Amazon SEOでのキーワード選定と分析方法は組み合わせによって、効果が高くなる機能もあるので上手く活用しましょう。

キーワードの選定方法

Amazon SEOのキーワード選定方法には、以下の方法があります。

Amazonサジェストの活用

Amazonサジェストとは、商品を検索する際にキーワードを入力すると自動的に関連のある商品を表示する機能です。

サジェストを活用することによって、顧客が検索しているキーワードをリサーチする手間を省くことができます。

サジェストで検索したキーワードを商品に組み込むことによって、売上が上がり商品ページ上位に入ることが期待できます。

Amazon広告データの活用

Amazonの広告データを活用することで、出品者の商品に関連するキーワードをリサーチできます。

各キーワードごとにアクセス数やコンバージョン率の確認ができるので、広告効果が期待できる商品を選定することが可能です。

ブランド分析の活用

ブランド分析の検索頻度ランキングを活用することで、顧客の検索頻度が高い商品をリサーチできます。

商品を出品する際にキーワード選定に悩んだ場合、検索頻度の高いキーワードを選定しましょう。

Googleトレンドの活用

Amazon広告のデータはかなり情報量が多いですが、それでも情報量が足りない場合にGoogleトレンドを活用します。

Googleトレンドは、各地域ごとのアクセス数を割り出すことができるのでAmazon広告データにGoogleトレンドをかけ合わせることでより効果の高い対策が期待できます。

Googleサジェスト・Googleキーワードプランナーの活用

Googleトレンドに似た機能ではありますが、Googleサジェスト・Googleキーワードプランナーを活用するのもよいでしょう。

Googleサジェストとは、Googleの検索窓にキーワードを入力した際、関連したキーワードが表示される機能です。

Googleキーワードプランナーは、検索しようとしているキーワードをキーワードプランナーで検索すると検索ボリュームが把握できる機能です。

どちらも有効な機能ですので活用しましょう。

キーワード対策の分析方法

キーワードを分析する方法として、Amazonの管理画面にあるビジネスレポートを活用できます。

キーワードを設定した日から、商品のセッション率を確認できるのでキーワード選定が効果的だったかの判断が可能です。

メルマガ会員募集中!

楽天 SEOや自社ECサイトのSEOとの違い

楽天や自社ECサイトのSEOをAmazon SEOと比較すると明確な違いがありますので紹介します。

楽天SEOとの違い

SEOにおいては商品タイトルに入っているキーワードが重要です。

Amazonと楽天ではキーワード検索に違いがあります。

キーワード検索の方法として、ライバルタイトルの検索やサジェストキーワードを参考にするところまでは共通ですが、AmazonにはSeller Spriteがあります。

Seller SpriteとはAmazonの膨大なデータの中から売れている商品を検索できるツールです。

Seller SpriteはAmazonにしかない重要な検索ツールです。

楽天SEOの記事はこちら

自社ECのSEOとの違い

Amazon SEOと自社EC SEOの違いは、自社ECは自力で集客しなければなりません。

Amazonでは、動画広告や検索広告など広告形態が多くあり広告効果も高いです。

しかし、自社ECサイトは費用や労力を伴うものが多く、Amazonなどの大手モールサイトに比べると集客は難しくなります。

自社ECサイトは自分で作り上げていくサイトですので、苦労して集客できれば達成感は大きいのではないでしょうか。

まとめ

今回はAmazonのSEOについて紹介してきました。

Amazonで出品する際は、上位に表示される仕組みが多数存在します。

紹介したことを実践していただければ、出品初期の方でも売上を上げることができますので効果的に活用してみてください。

当社が運営している「ECのプロ」にはAmazonの売上アップに特化したプロが多数登録しています。自社にピッタリ合ったプロをご紹介させていただく無料相談会も実施中です!

ぜひ下のフォームからお気軽にお問合せくださいませ!

ECのご相談はこちら

記事で紹介されているプロとのご面談や、より詳細なノウハウのご共有、ECのプロのサービス説明を
ご希望の方は、下記よりご連絡ください。担当者より1営業日以内にご返信差し上げます。

セミナーのお申し込みはこちら

満員御礼 本セミナーは終了しました

この記事をシェアしよう

Welcartとは?機能や特徴、メリット・デメリットを解説

4/19/2024

理解しておきたい「掛け率」の基本!計算方法や相場を確認しよう

4/17/2024

【ECサイトの第一印象】CVRアップを狙えるファーストビューとは?

4/15/2024

【完全版】自社EC丸わかりロードマップ〈集客/CVR改善/CRM〉

4/22/2024

Welcartとは?機能や特徴、メリット・デメリットを解説

4/19/2024

理解しておきたい「掛け率」の基本!計算方法や相場を確認しよう

4/17/2024