【知っておきたい楽天市場アプリの特徴】楽天市場との違いやメリット・デメリットを解説

2024-03-06

【知っておきたい楽天市場アプリの特徴】楽天市場との違いやメリット・デメリットを解説

楽天市場アプリは、楽天市場をよく利用する人に便利なアプリでWebブラウザ版にはない使い方があります。出店する事業者は、販売戦略のためにも楽天市場アプリの特徴や利便性を把握しておきましょう。この記事では、楽天市場アプリと楽天市場との違い、メリット・デメリットについて解説します。

「楽天市場」の基本情報はこちら

楽天市場アプリとは?

楽天市場は、楽天グループが運営する日本最大級のECショッピングモールです。ユーザー数も多く、割引やポイントアップなどお得に買い物できるのが特徴です。楽天市場を利用するにはWebブラウザ版とアプリの2つがありますが、楽天市場アプリはスマホから手軽にショッピングができるように開発されたサービスで、アプリならではのメリットがあります。検索のしやすさ、商品画像の見やすさなど使い勝手がよいのはもちろん、ポイントが貯まる仕組み、お得情報やラッキーくじなど毎日アプリをチェックできる仕組みを作っており、EC初心者からヘビーユーザーまで幅広く活用されています。

楽天市場アプリと楽天市場の違いは?

ここで、ユーザーにとって楽天市場アプリと楽天市場がどのように違うのかを把握しておきましょう。商品検索・決済をはじめ購入履歴の確認、レビューの閲覧・投稿、ショップへの問い合わせなどは基本的にアプリもブラウザ版も同じ機能を利用できますが、アプリはさらに充実しています。まず楽天市場アプリで商品を購入すると、通常ポイントに加えて還元率が0.5%多くなります。

ポイント還元率は会員のランクによっても異なりますが、このメリットはSPU(スーパーポイントアッププログラム)も含まれており、楽天トラベルや楽天ブックス、楽天モバイルなどほかの楽天サービスを利用する場合でもWebブラウザ版よりポイントが0.5%多くなります。楽天市場アプリにはバーチャルポイントカードが搭載されており、プラスチックのポイントカードを持ち歩く必要がありません。楽天加盟店で買い物をするときは、アプリを提示するだけでポイントを貯めたり使ったりすることができます。

またセールやクーポン、キャンペーンなどの情報をプッシュ通知で受け取れるのもアプリならではの機能です。PCを起動してWebブラウザからログインするという手間をかけずに、お得に買い物ができるタイミングを素早くキャッチできます。ほかにも母の日やお中元、クリスマスなどのイベント企画では楽天市場アプリ利用限定のキャンペーンも開催されることがあり、楽天市場がアプリユーザーに力を入れていることが分かります。

楽天市場アプリの特徴

楽天市場アプリは、ユーザーの行動を促す工夫を凝らしています。具体的なアプリの特徴をみていきましょう。

音声・バーコード検索

楽天市場アプリでは、商品名やキーワードを音声で検索することができます。文字を入力する手間が省けるので、忙しいときでも商品を探す手間が省け効率的です。

また、バーコードでも検索できるようになっています。ユーザーは、街でのお買い物中に気になる商品を見つけたとき、バーコードを読み取ることで楽天市場での商品や値段を確認することができます。

新規ダウンロードキャンペーン

楽天市場アプリの利用は誰でも無料です。加えて、初めてアプリをダウンロードすると初回限定で1,000ポイントが貰えるという特典もあります。

ラッキーくじ

ラッキーくじとは、楽天市場が開催しているくじのことでWebブラウザ版、アプリ版ともにあります。1日5,000ポイントが1本、500ポイントが10本、1ポイントが1,000本用意され、ユーザーは毎日1回チャレンジ可能。アプリならスキマ時間にゲーム感覚で手軽に楽しめます。ほかにもアプリでは、お得なクーポンを獲得できる季節限定のミニゲームなども開催されています。

楽天市場アプリのメリット・デメリット

EC事業者にとっては、より多くの楽天市場アプリユーザーに商品を紹介する機会となります。そのため、アプリのメリット・デメリットを押さえておくことも大切です。いくつか考えられるものをあげていきましょう。

メリット

アプリユーザーは、いつでもショッピングができる手軽さやポイント獲得などを目的に、商品購入への意欲が高い状態にあると考えられます。そのため出店者は、潜在顧客やリピーターにアピールするマーケティング活動を実施していくことが大切です。たとえばセールやポイントアップキャンペーン、イベントを企画したらプッシュ通知を送信する、割引や優待などのクーポンを配布する、SNSや広告を活用するといった集客方法があります。またアプリユーザーの行動データなどを分析し、商品ページの見やすさや提供するサービスを改善していくことも集客のポイントになるでしょう。

デメリット

楽天市場の取扱商品量は膨大であるため、スマホなどの小さな画面ではパソコンのように複数のページを表示することができず商品の比較が難しくなります。アプリは、購入したい商品が決まっている場合に素早く対応できますが、検討しているユーザーには使いにくいと感じる場合もあります。一方でアプリの場合は写真や説明文が大きく表示できるので、分かりやすい角度の写真や魅力的なキャッチフレーズ、詳細な情報でユーザーに伝わりやすくすることが大切です。

また広告表示は本来の目的から逸れてしまう、ページの読み込みが遅れるなどの影響もあるため、広告は邪魔にならないように工夫しましょう。さらに、アプリは不具合によってクーポンが表示できないといった事例も過去に報告されています。現在ではほぼ解消されていますが、万が一の場合に事業者側でもサービス対応できるようにしておくことも重要です。

まとめ

楽天市場アプリは、ユーザーの買い物を快適にするだけでなくアプリをチェックする頻度を高めて集客する仕組みを作っています。出店者も、アプリユーザーの購入体験を意識したサービスで満足度向上を目指し、多くの顧客を獲得していきましょう。

ECのプロでは、楽天市場や楽天市場アプリへの出店や販売戦略、モール運用などをトータルでサポートしています。出店の準備からデータ分析に基づく戦略の立案、運用中の困りごとなど事業者様それぞれの課題に合わせてノウハウを持つ専任の担当者がアドバイスしています。これから出店する事業者様のみならず、課題を持つ事業者様もお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら

ECのご相談はこちら

記事で紹介されているプロとのご面談や、より詳細なノウハウのご共有、ECのプロのサービス説明を
ご希望の方は、下記よりご連絡ください。担当者より1営業日以内にご返信差し上げます。

セミナーのお申し込みはこちら

満員御礼 本セミナーは終了しました

この記事をシェアしよう

ユニークユーザーとは?計測方法や似ている指標、増やす方法を解説

5/9/2024

ECサイトに必須!商品梱包のポイントや顧客満足度を上げるコツを紹介

5/7/2024

【顧客情報を守る】ECサイトにSMS認証を導入しよう

5/2/2024

【録画配信】ECのリピート率が格段に上がる!? ファンを増やしLTVを最大化させるノウハウとは

6/5/2024

EC事業で年商10億円以上を目指す! 3大モール攻略法

5/28/2024

【美容・ヘルスケア事業者向け 】誰かに“紹介”したくなるブランド作り×コミュニケーション戦略

5/23/2024