ECサイトに必須!商品梱包のポイントや顧客満足度を上げるコツを紹介

2024-04-26

ECサイトに必須!商品梱包のポイントや顧客満足度を上げるコツを紹介

適切な資材選びと梱包方法の効果とは?

EC事業は競争が激しい業界のため、商品だけでなくさまざまなサービスを提供することで差別化を図る必要があります。そのための工夫は多岐にわたりますが、商品の梱包作業もその一つです。梱包作業は、注文された商品を保護しながら確実に届けるための重要な要素というだけでなく、顧客が商品を受け取ったときの印象に大きく影響します。

この記事では、顧客への満足度を高める梱包の重要性や扱う資材、梱包する際のポイントなどについて紹介します。顧客満足度を高める梱包のコツなどについても説明するので、ぜひ参考にしてください。

ECサイトにとって梱包とは

スマートフォンやインターネットの普及により、ECサイトの利用も増加しました。経済産業省が発表した「令和4年度 電子商取引に関する市場調査」によると、2022年のCtoC-EC市場規模は約2兆3,630億円で前年比6.8%、BtoB-EC市場規模は420兆2,354億円で前年比12.8%増加です。企業のEC化率も37.5%で前年比1.9ポイント増と年々増加傾向で推移しています。

ECサイトの利用が増える一方で、より丁寧なサービスが求められ梱包作業も重要な役割の一つとなっています。というのも、梱包は注文をしたユーザーが商品を受け取るときに最初に目にするサービスといえるからです。

梱包作業が丁寧に行われていれば、見た目も美しく商品への信頼につながりますが、反対に雑に扱われてればがっかりして商品への魅力も半減し、ブランドへのイメージが悪くなる可能性があります。

また、梱包が適切でないと商品が傷ついたり破損したりする可能性もあり、顧客の不満や返品・交換のリスクが高まり余計な経費や業務が増えてしまいます。梱包作業は、顧客満足度やブランドイメージ、コスト効率性などさまざまな側面に影響を与えるため、適切な資材の選定、丁寧な梱包など十分な注意とリソースが必要です。

ECサイト向けの梱包資材とは

梱包において重視するべき点は、適切な梱包資材選びです。まずは何が必要かを把握しておきましょう。

ダンボール

ダンボールはECサイトにおいて梱包資材の基本中の基本です。小さい商品から大きな商品まで適切なサイズのダンボールが販売されており、商品ごとに異なるサイズや強度を用意する必要があります。

段ボールの種類は主に2つで、1つはフタと底面が中央から外側へ見開きになっているタイプ、もう1つはフタが一枚になっていて手前から前方に見開くタイプです。後者はギフトボックスなどによくみられるタイプですが、どちらがよいかは開封の便利さや段ボールの強度などに合わせて考慮します。

宅配袋・宅配ビニール袋

宅配袋は、主に小型商品や衣類、書類など軽量な商品を安全かつ効率的に配送するための重要な梱包資材です。紙タイプ、ビニールタイプなどがあり持ち運びしやすく送料も安価になる傾向があります。

ビニールタイプは濡れにくく柔軟性があり、汚れなどを防止しますが、近年は紙タイプでも耐久性の高い素材や防水加工されたものなども販売されています。

クッション封筒

クッション封筒とは、CD、DVD、書籍などの小さな商品、また電子部材など繊細な商品を保護するのに適したクッション性のある封筒です。内側に緩衝材が仕込まれており、商品を優しく包み込んで運送中の衝撃から守ります。

名入れ封筒・メール便 ケース

名入れ封筒やメール便ケースは、主にブランドイメージや顧客とのコミュニケーションを強化するために使用されます。ブランド名やロゴを印刷したり、個別のメッセージを記入したりすることができ、素材も紙からビニール、箱などさまざまなタイプがあります。

緩衝材

緩衝材は商品を保護し、配送中の振動や衝撃から守るために使用される素材です。エアクッションやプチプチ、紙くずなどが一般的な緩衝材として利用されますが、内容物に合わせて使い分けられます。

商品を梱包する際のポイント

ECサイトで商品を梱包する際には、顧客満足度の向上や商品の安全な配送を確保するために、いくつかのポイントに注意する必要があります。

適切な材質やサイズを選定する

まず、商品に適したサイズの梱包資材を選ぶことが大切です。余分な空間があると商品が移動しやすくなり、損傷のリスクが高まります。逆に、梱包がきつすぎると商品が圧迫される可能性があります。

緩衝材を利用する

緩衝材は、商品の保護という目的だけでなく箱を開けたときの見た目の美しさなどにも影響します。段ボールや箱のスキマなど適切に緩衝材を埋めることで、顧客のイメージアップにもつながるでしょう。

テープの貼り方に注意する

テープは適度な強度と粘着が必要ですが、ハサミやカッターを使うのを煩わしいと感じる顧客もいるため開封しやすいテープを用いるのがポイントになります。またテープにシワが付かないようにする、指紋が付かないようにするといった配慮も大切です。

同梱物や納品書の適切な配置を忘れない

納品書やメッセージカードなどの同梱物は、箱を開封したときにすぐに目に付くように商品の上に配置しましょう。納品書は、検品を証明し商品を確実に届けるための大切なメッセージです。

顧客に喜ばれる梱包のコツ

適切な資材を使用し丁寧に梱包することで商品への信頼性は高まりますが、さらに工夫することで顧客満足度を高める可能性があります。考えられるものをいくつか紹介しましょう。

メッセージやチラシを添える

商品と一緒にメッセージやチラシを添えるのも効果的です。ブランドのロゴやカラーを活かし、ブランドに込めた想いなどを伝えるとイメージアップにつながるほか、関連するチラシなどもあればリピート購入や顧客ロイヤリティの向上につながります。

特典を付与する

おまけや割引クーポン、サンプル商品などを同梱包し、お得に購入できる機会を設けることで顧客の期待以上の価値を提供する可能性があります。リピート購入や口コミなどの評価にも影響を与えるので、予算の範囲内でオリジナルのサービスを行いましょう。

エコフレンドリーな梱包資材を使用する

環境に配慮したリサイクル可能な梱包資材を使用するのも顧客からの支持を得やすくなります。エコに貢献できるFSC認証の段ボール、再生紙でできた緩衝材などを使用することで、ブランドの社会に対する想いや配慮を伝えることができます。

まとめ

ECサイトにとって梱包は、商品やブランドの印象を形成する重要なプロセスです。顧客満足度を向上させるためには、商品を受け取る顧客目線で素材選びから梱包作業、物流システムまでを見直し、丁寧で迅速な梱包を提供するようにしましょう。

ECのプロは、ECサイトの立ち上げ支援から運営の課題解決などさまざまなサポートを提供するサービスです。EC運営支援で多くの実績を持つプロフェッショナルが、各事業者様の要望を聞きながら知見を活かして「売れるためのECサイト」を提案します。まずは無料相談までお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

ECのご相談はこちら

記事で紹介されているプロとのご面談や、より詳細なノウハウのご共有、ECのプロのサービス説明を
ご希望の方は、下記よりご連絡ください。担当者より1営業日以内にご返信差し上げます。

セミナーのお申し込みはこちら

満員御礼 本セミナーは終了しました

この記事をシェアしよう

よく聞くUGCとは?ECサイトにUGCを取り入れることで期待できるメリットや事例

6/12/2024

おちゃのこネットとは?特徴や料金プラン、メリット・デメリットを解説

5/30/2024

【越境EC】Shopeeとは?特徴やメリット・デメリットを解説

5/23/2024

【EC大改善!激的ビフォーアフター 】なにから手をつければ良い? 明日から使える、本当に売上アップに繋がった施策だけ教えます

7/23/2024

\楽天・Amazon・Yahoo!で新規獲得/ 3大ECモール×広告戦略を徹底解説!

7/17/2024

化粧品CRMのプロが語る!顧客起点でLTV向上 今すぐ実践できるEC運営の棚卸し

7/5/2024