徹底解説!LINE拡張ツールLステップの全貌

2023-05-19

はじめに

みなさん、こんにちは!ECタイムズ編集長のみなつです。

早いことに2023年も二か月が過ぎました(早すぎる!)。

突然ですが、みなさん!

「ECサイトのリピート率を上げる施策は?」「お客様一人ひとりに寄り添った施策をするには?」というお悩みはございますか?

もしお悩みでしたら、今回ご紹介する”Lステップ”というツールが助けてくれるかもしれません。

Lステップとは、LINE公式アカウントの機能を拡張したツールで、自社のLINE公式アカウントを追加したユーザーとのコミュニケーションを最適化するために役立ちます。

LINEの公式アカウントの標準的な機能だけでは物足りないと感じる方におすすめです。

今回の記事は以下の記事との関連性が高いので、是非そちらもご覧ください!

【事業紹介!】CRM施策ならLINE一択⁈公式アカウントの強みとは?

メルマガ会員募集中!

Lステップの概要と多彩な機能一覧!

次にLステップの概要、料金形態について紹介します。

LステップはLINE公式アカウントを使い、個々のユーザーの関心度やパーソナリティーに最適な配信を可能にするツールです。

例えば、公式アカウントを登録したばかりのユーザーには初心者向けの商品やサービス、初回限定クーポンを配信し、登録して長い時間が経過したユーザーには新商品のキャンペーンやリピート商品のセールを配信することができます。

通常、顧客一人ひとりに合った施策をすれば運用コストが膨大になってしまいますが、Lステップは自動または半自動で、一度に大量の配信を行うことができるため、お客様とのコミュニ―ケーションの省力化につながるでしょう。

では、肝心の料金形態はどうなっているのでしょうか?

Lステップ公式ブログを参照すると、基本送信プランの料金とプランごとに利用できる機能は以下のようになります。

(※大量配信プランは上記参考記事をご参照ください。)

以上の表から、どのプランも初期費用はタダで、最もグレードの低いプランでもかなり多くの機能を利用できることがわかります。

自社にとってどのような機能が必要か、月ごとの配信数はどれくらい必要なのかを明確にしてからプランを選択されることをおすすめします!

【語句の意味】

・シナリオ配信:複数の配信を一貫した構成の中で行うこと。

・キーワード応答:ユーザーからのメッセージに含まれる特定のキーワードに応答して、予め設定しておいたメッセージを自動返信する機能。

・セグメント配信:ユーザーの年齢や性別といった特性に合わせた情報を配信すること。

Amazon×楽天

なぜLステップが注目されているのか?

では、なぜ今Lステップが注目されているのでしょうか?

EC市場の伸びとLINE普及率の高さ

SNSやアマゾン、楽天といったECモールの普及により国内のEC市場はここ10年間で急拡大しました。

日本のECサイトだけでも膨大な数が存在する現代では、消費者が自社のページを見つけ、そこから商品やサービスを購入してもらえるだけでも一苦労です。

そこでEC事業者は自社のページにより多くの消費者が流入しやすくなるように、複数のSNSアカウントを運用し、ネット広告で訴求を行っているのです。

その流入経路の一つとして公式LINEアカウントが位置しているのです。

LINEの最大の強みは日本でもっとも多くの人が日常的に利用しているという点です!

普及率が高いうえに、他のSNSと比べ広告の運用費が安く、新規メッセージの開封率が高いLINEは顧客をリピーターへと育成したい事業者に重宝されているのです。

LINEによるCRM

ところで、みなさん。CRMをご存じですか?

新規顧客を増やしながら、なるべくその多くの人にリピーターになってもらいたいですよね。

そんな時に力を発揮してくれるのがCRMです。

CRMを導入、運用することでお客様のリピート率向上やLTV(顧客単価)の向上が期待できるのです。

LステップはLINE版のCRM施策として大きな力を発揮することができます!

公式アカウントの標準機能だけでは十分な顧客情報を得ることができないかもしれません。十分な情報(判断材料)がなければ、進行中の施策の効果を評価できず、次にどのような施策を打つべきか分からないという場合もありえます。

ユーザーが自社の商品に関心を向けてくれているのは一日のごくわずかな時間ですから、施策上の問題で機会損失してしまうのは非常にもったいないです!

そうならないためにもLステップの導入事例を紹介していきます。

また、CRMについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください!

これからのECにはCRMが欠かせない?導入のポイントを解説
食品EC売上アップのノウハウ

5つのLステップ導入事例を紹介!

すでにLステップを導入することで成果を挙げている事業者について5つ紹介させていただきます。

(参照元:https://linestep.jp/lp/01/case.html?ct_C25d53C65da326Vb=13.1.365.14ef196j3fd8f6fc.365.u70Cz53088c0vC565u5d68vz.3d6XJa3C6946edJ1dn8c90Cn.null

D2C FUTURE FOX

キャンプ用品を販売するネット通販企業であるFUTURE FOXは、LINE登録直後のアンケート回答で20%クーポンをプレゼントする訴求を行っています。

これにより、LINE登録率アップや見込み客から顧客への早期引き上げに成功しました。ユーザーにもお得感を与えながらアンケート回答をもとにユーザーのパーソナリティーをつかむことを実現しました。

リッチメニューではユーザーからの要望をいつでも受付できる仕組みを自動化することで、ユーザーのペインに応える商品開発を可能にしています。

ユーザーからよくある質問の一覧を設置したことで、個別質問の対応にかかる業務も削減できました。

また、キャンプ初心者に向けた記事や商品紹介ページから購入ページへ誘導する仕組みを構築し、ブランドのヒストリー配信によってファン層を増やすことで継続的な売上にコミットしています。

豊富なリッチメニューが幅広いユーザーのニーズを満たしているのです。

ECサイト 株式会社ゼンプロダクツ

オーダーメイドの生活雑貨を取り扱うECサイトを運営する株式会社ゼンプロダクツは、LINE登録後のアンケート回答で10%クーポンをプレゼントし早期購入につなげています。

たった30秒のアンケートで割引してもらえるのはお得感がありますよね。

ポイントが貯まる一日一回じゃんけんゲームで、顧客が日常的にトークルームを開きたいと思えるようなコンテンツもあります。リッチメニューの”開催中のキャンペーン”からじゃんけんに参加する仕様になっています。

リッチメニューの”ブランドヒストリー”を通じて会社のコンセプトや理念を届けています。

プログラミングスクール 株式会社スキルハックス

プログラミングスクールを運営する株式会社スキルハックスは、登録直後に代表取締役の自己紹介と、有料セミナーのプレゼント特典を配布しています。

こちらの企業は毎日コラムの配信をするというLINEマガジンを行っています。

Twitterから流入する仕組みになっており、既に関心度の高い層がLINEに登録しているので、トークルームではより深いコミュニケーションを取ることを重視しています。

自社について深く知ってもらい、オンラインスクールに申し込んでもらえるというステップをシナリオに組むことで、ユーザーのリピートを刺激しています。

コラムにアンケートを組み込み、回答率の低いユーザーにはこれ以降の訴求を減らし、回答率の高いユーザーにだけ送っています。選択的にユーザーにアプローチすることで少ない配信量で、見込み客にリーチすることを可能にしています。

酒類販売 KOTO CORPORATION

世界中からワインやスピリッツを輸入し卸売りするKOTO CORPORATIONは、今まで全国の既存顧客にFAXDMを用いて情報発信をしていましたが、LINEでの情報発信に切り替えたことでより密なコミュケーションと新規顧客の増加につながりました。

何より目玉のコンテンツは、トークルームで簡単な質問にいくつか答えるだけで最適な商品を提案してくれるAIバーテンダーです。これが業界内で話題となり今まで繋がりのなかった顧客層を獲得することができました。

ネイルサロン 爪スパサロン

ネイルサロンを運営する爪スパサロンは、新規集客から予約管理、顧客情報管理、CRMまで一元管理を行っています。

SNSとLINEのみでリピート率80%、LINEのブロック率は2%以下の高水準を実現しています。来店前の対応コストを削減したことで、ネイルスキルに磨きがかかり対人サービスの向上に役立っています。

友だち登録前、来店前、来店後の各ステップでサロン独自のストロングポイントを活用した配信設計にこだわっています。例えば、公式アカウントプロフィールで強みを伝え、友だち登録アンケートでニーズをキャッチする。来店後のフォロー配信で高評価の口コミだけをGoogleに集めています。

外部決済と連携したシステムを構築することで、プリペイド決済を導入し売上の確保につながっています。

ECのプロマーケター名鑑

おわりに

みなさん、いかがでしたか?

今回はLINEの拡張機能Lステップについて徹底解説しました。

導入事例から分かるように多彩な機能を駆使して、自由な訴求を行えるのがLステップの強みです。

「既存顧客とのコミュニケーションのクオリティーを高めたい。」「新たなファン層を獲得したい。」と考える事業者様にはぴったりのツールだと思います。

ですが!

ただ始めるだけで簡単に成果が出るわけではありません!Lステップは機能が豊富である反面、数ある施策の中から最も効果的な施策を見極める運営側のスキルが求められます。

「そんなハイスペックな人材どこにもいない!」と思われたことでしょう。

自社にとって最適なコンテンツやシナリオの作成を並走して考案してくれる専門人材をお探しのあなたへ!

そんな時は、弊社のサービス”ECのプロ”をご検討ください。ECのプロでは貴重なECの専門人材が多数登録されています。

Lステップ導入についてプロの意見を聞くには、以下のフォームから無料相談をお申し込みください!

ECのご相談はこちら

記事で紹介されているプロとのご面談や、より詳細なノウハウのご共有、ECのプロのサービス説明を
ご希望の方は、下記よりご連絡ください。担当者より1営業日以内にご返信差し上げます。

セミナーのお申し込みはこちら

満員御礼 本セミナーは終了しました

関連タグ

この記事をシェアしよう

ユニークユーザーとは?計測方法や似ている指標、増やす方法を解説

5/9/2024

ECサイトに必須!商品梱包のポイントや顧客満足度を上げるコツを紹介

5/7/2024

【顧客情報を守る】ECサイトにSMS認証を導入しよう

5/2/2024

【録画配信】ECのリピート率が格段に上がる!? ファンを増やしLTVを最大化させるノウハウとは

6/5/2024

EC事業で年商10億円以上を目指す! 3大モール攻略法

5/28/2024

【美容・ヘルスケア事業者向け 】誰かに“紹介”したくなるブランド作り×コミュニケーション戦略

5/23/2024